« ふだんであれば問題にならなかったけれども | トップページ | 振られたからって死ぬわけじゃなし、でも、悔しい。 »

2010年3月10日 (水)

痩せの大食い vs 水を飲んでも太る体質

食べても食べてもBMIが16台で全然太らないような人がいます。

かと思えば、わたしは水を飲んでも太るんです、とか言う言い訳をする人もいます。
(さらに、ダイエットのために水を飲むという妙な話もありますが)

確かに痩せる(太らない)体質もあれば、簡単に太る体質もあるようです。

何が違うんでしょうか?

そしてその体質は永遠に変わらないんでしょうか?

痩せやすい痩せにくいと言うことで言えば、よく知られているのに、生理周期によって女性には太りやすい時期が存在するというk所とがあります。

卵巣と言うのはその人の親指の第一関節の先ぐらいしかない小さな器官です。

そこから出る卵巣ホルモンの影響であっさりと太りやすくなったりそうでなかったりする女性の身体。

それなら、簡単にコントロールする方法があってもよさそうにも思います。

実は、それがあります。 ⇒ 痩せる体質を手に入れる最短の簡単な方法

非常にあっけないことですが、食生活を変えるだけでいいのです。

運動もせず、摂取カロリー数も変えず、女性ホルモンを使ってどうにかしようと言うものではありません。
バストアップならハーブティーで女性ホルモンコントロールという手もありますが。)

食生活を変えていくことで、基礎代謝量がアップして、痩せる体質に変わっていくのです。

そうすれば、食べても食べても、運動しなくても、太りにくい身体を作り上げることができるのです。

水を飲んでも太るなんて言い訳する必要もなくなります。

ゴーヤで本当に痩せられるの?

アンチエイジングとダイエットの密接な関係

下半身のむくみをモデルダイエットで解消する実践ブログ

« ふだんであれば問題にならなかったけれども | トップページ | 振られたからって死ぬわけじゃなし、でも、悔しい。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1341017/33706748

この記事へのトラックバック一覧です: 痩せの大食い vs 水を飲んでも太る体質:

« ふだんであれば問題にならなかったけれども | トップページ | 振られたからって死ぬわけじゃなし、でも、悔しい。 »